dietww02

痩せるための運動はいろいろあるはず、脂肪燃焼には有酸素運動だけ?

「ダイエットをしよう!」と思った時、まず何を始めますか?ほとんどの方が、ウォーキング、水泳、エアロバイク、エアロビクス等を始められると思います。これらの運動は、有酸素運動といわれるのもです。

みなさんが、思いつくように、この有酸素運動は、特殊なダイエット方法の場合を除き、とても効果があります。しかし、ダイエット目的いわゆる脂肪燃焼目的で有酸素運動を行うには、注意すべき点があるのです。

これを知らずに有酸素運動を続けていても、脂肪燃焼効果は思ったほど望めず、結局、ダイエットは失敗に終わってしまいます。脂肪燃焼の為の有酸素運動は何が重要なのか。それは、心拍数と時間です。これを無視して行っても、脂肪燃焼効果は望めませんので、ご注意ください。それでは、まず心拍数からご説明しましょう。

ずばり、有酸素運動で脂肪燃焼効果があるのは、心拍数が130前後の時なのです。これ以上の心拍数になると、無酸素状態になり、脂肪燃焼効果はほとんど望めません。この心拍数には計算式があり、年齢、その人の平常時の心拍数、運動習慣にも関係してきますので、厳密に言うと全員が130だというわけではありません。

ですので、目安は運動中に会話ができる程度だと思って下さい。この会話ができる程度の時が、あなたの心拍数は130前後になっています。次に、時間です。有酸素運動を始めて、脂肪が燃え始めるまでには最低でも12分はかかります。ですので、10分で有酸素運動をやめてしまうと、何の効果もありません。

ただのウォーミングアップにしか過ぎません。脂肪を燃焼をさせたいのであれば、最低でも20分は有酸素運動を続けるべきです。さあ、これで今までダイエットに失敗してきた方も、もう一度、頑張ってみましょう。運動と合わせてダイエットティーなども活用すると捗ってしまいそうな感じですね。

とはいっても筋肉のつきにくい有酸素運動。筋トレをするほうが痩せる速度が上がる人もいます。それは筋肉がない人です。筋肉がつけば代謝や体温アップ、動けばエネルギーも多く消費します。ということで理想のダイエット運動は有酸素、無酸素どちらもしたほうがいいんですね。